視覚でも楽しみたいM性感

M性感店は衣装も充実していることが多い

M性感店は衣装も充実していることが多いM性感を心ゆくまで楽しみたいなら、お相手である風俗嬢の格好も重要なポイントです。

基本的にデリヘルなどのヘルス店であれば下着姿またはオールヌード、手コキ・オナクラ店では私服またはコスプレなどの着衣姿が一般的でしょう。

人によって “オールヌードが好き”、“見えそうで見えないのが好き”など好みがあると思いますが、M性感を楽しみたいM男さんにはぜひ嬢の衣装にも拘ってほしいところです。

網タイツ、ピンヒール、ボンテージ、かなりHなランジェリー、黒のレースを基調としたセクシードレス・・・生粋のM男さんには聞くだけで下半身がしびれてくるかもしれないですね。

M性感のお店ではこういった衣装がデフォルトであったり、無料オプションとして用意されている可能性がかなり高いです。有料オプションだったとしても一般のヘルス店より種類が豊富であったり、他では取り扱っていないものが用意されていることがあるので、お店選びの時はぜひチェックしてみてください。 記事の続きをよむ

SM風俗で体験できる本格ハードプレイ

ハードSM店のプレイ内容

普段はこれでいいかと妥協して過ごしている男性も多いと思いますが、風俗、特にSM風俗ならハードで性癖丸出しのエッチなプレイが思い切り楽しめます。

同じSM風俗の中でも、店によってプレイのハードさに段階があります。分かりやすく言えばノーマル、ハードの2段階です。SMなのでソフトはありません(笑)。

SM風俗なので全部基本的にマニアックなプレイではありますが、ノーマルは風俗嬢が言葉責めや寸止め、顔面騎乗などを行い、いってもアナル・前立腺を責められる程度。あくまでも快感特化型で、SM初心者にはとても丁度いいレベルだと思います。

一方でハードなSM風俗店では、痛みだったり背徳感だったりそういった肉体や精神にまで響くようなプレイが用意されています。痛みなら縛り、鞭、ローソク、ここまでは何となくイメージが付くかもしれませんが、その更に先をいくのが金蹴り、尿道責めなどです。

ここまで対応できる風俗のSM嬢となるとほとんどプロ、ガチのS女王様レベルになってきますから、風俗だからなんちゃってSMなんじゃないの?という心配はしなくても良さそうです。 記事の続きをよむ

自宅でM性感プレイ、盛り上がる?

自宅にM性感風俗を呼ぶときのイメージ

jitakum風俗には大きく分けて、店で遊ぶものとホテルや自宅に来てもらい遊ぶものの2種類があります。

M性感の場合、店で遊ぶときには店自体がSMチックな内装になっていたり、ホテルでもSM部屋などがあるなど、外で遊ぶ分には環境も整っているのでプレイも盛り上がると思います。

では反対に、自宅に呼んだ場合はどうでしょうか?自宅は自分がいつも日常を過ごしている、いわば平凡な場所。そこで女の子に責められたところで、果たして非日常を感じたり興奮したりできるでしょうか。

自宅でのM性感は、刺激よりも安らぎ、安心感を重視したプレイに向いています。激しい言葉責めやムチでバシバシされるようなハードなものではなく、どちらかというとねっとりいやらしい焦らしプレイに向いています。

環境が整っていないというのは、言い換えればガチ部屋よりもリラックスして体を任せられるということ。元々ねっとりゆっくり派の男性なら自宅だけでも良いですし、非日常で刺激的なプレイもしたい時は店舗やホテルを使うなど気分によって使い分けるのがベストです。 記事の続きをよむ

新しい性感帯を開発できる!M性感の使い方

M性感風俗は「性感帯を増やせる」場所

newseikan風俗というのは一般的に、客が感じるポイントを責めるというのが基本です。強めに吸われるのが好きだからバキュームフェラをしてもらうとか、玉が感じるから玉舐めしてもらうとか、客の要望に応じて風俗嬢のほうが責め方を変えていく感じですね。

ですがM性感は少し違っていて、客がまだ知らない感じるポイント、つまり新しい性感帯を発見・開発してもらうという使い方もあるんです。

例えば性器以外で比較的メジャーな性感帯といえば「乳首」。せっかく女性に責めてもらっても感じないからもったいない・・・と思ったことはないでしょうか。女性は自分が胸に性感帯を持っている人が多いからか、男性の乳首をついつい責めたくなるみたいなんです。

乳首だけじゃないですが、性感帯が一つ増えるだけでも風俗はもちろんプライベートでもエッチの楽しさが倍増しますよ。 記事の続きをよむ

M性感風俗でフェチを楽しもう

M性感ほどフェチを満たせる場所はない!

fetishフェチとは性癖と同じような意味ですが、「女性のワキを見るが好き」「匂いが好き」といった風にもっと具体的に好きなもののことを指します。

M性感のイメージとしてはS嬢から責められるというのが主だと思いますが、それだけではなく「女の子にこういうことをして責めてもらいたい」という具体的な希望がフェチにあたります。

例えば「女性の細くて長いスラリとした足が好きだから、それで足コキしてもらいたい」「パンストを履いて嗅がせてもらいたい」という、普通の風俗嬢では引かれてしまうようなこと。これもM性感だったら、そういうプレイとしてS嬢が対応してくれます。

店や女の子も最初からフェチを満たすプレイが当たり前と思っているので、伝えるときの恥ずかしさも、実際にやってもらうときの後ろめたさも全くありません。 記事の続きをよむ