これぞM男!強制連射のススメ

強制連射実現には前準備が必要

射精管理はM男にはかなりの興奮できるプレイではないでしょうか。

射精管理を体験したい人はM性感風俗エステでよくあるメニューなのでお願いすれば体験できます。

体験は簡単にできますが、プレイとして成功するには受ける側のスキルもある程度必要になります。
中でも連続射精は慣れるまではイっても擦り続けられることに耐えられないというのが最初の壁として立ちはだかります。

扱いて貰っているとはいえ、射精は体力も消耗します。この感覚的なものは慣れるまで頑張るしかありませんが、それ以外の事では準備が出来ます。

強制連射を成功させるためにはこの事前準備は不可欠です。

連続射精するには体力と精子の量が必要です。
体力が減れば精力も減り、ペニスを勃起させて射精するには精子も必要だからです。

その為に日頃から気を付けたいことと、プレイ直前に気を付ける事を見ていきましょう。

まず、精子をできるだけ減らさないようにするには、1回目にイク時に我慢せずイクコト、そしてイク時に出る精子の量をコントロールすることが大切です。

イった時に快感に浸ってしまうと精神的に満足して賢者タイムに突入してしまうので、快感に浸らずプレイに集中することもポイントです。

次項でイク時の精子量をコントロールする「甘イキ」と精子量を増やすコツを詳しく見ていきましょう。

これはいわゆる「抜かず3発」をしたいような男性にも有効です。
記事の続きをよむ

アナル初心者必見!風俗でよくあるアナルグッズ

アナルパール・アナルビーズ・アナルボール

アナルグッズの最古参!?ウィキにものっているメジャーなアナル用アダルトグッズです。

挿入したり突っ込んだままの状態、抜くときなど見た目の卑猥さと初心者でも使いやすい手軽さが人気の秘訣です。

パールやビーズというくらいですので、丸い球をつなげた道具です。
アナル拡張と遺物の挿入に慣れてることを目的に初心者でも使用しやすくなっています。

鞭のようなしなやかな棒に玉が連結していている物をアナルビーズと呼ぶことが多いようです。ボールは密着しているものと少し感覚が空いているものと両方あります。
入れる瞬間、出る瞬間を楽しむことが出来ます。

アナルパールはその名の通り真珠のようなボールで出来ています。
全部肛門に入ってしまわないように端っこに指を入れて引っ張る用のわっかがついています。

アナルボールはボールの間隔があいており、間はひも状のもので連結しているので、玉を1つずつアナルに入れていく使用になっています。
ゆっくり引き抜き、1つ1つ抜きだして肛門が開いたり閉じたりすることで快楽を得ます。

玉を直接持って入れるので、衛生面の観点から基本的に1回出したら終わりです。

これらを総称して今回はアナルビーズと呼ばせて頂きますが、アナルビーズだけで絶頂を迎えるのは難しく、前戯で楽しむのに向いています。

開発されている場合は喘ぎ声が漏れてしまうほど快感は強いのですが、慣れるのも早い為快感を得られる時間は短めです。

プレイが終わって時間がたち次にまたプレイをするときには感覚は戻っていますので、開発済のアナルは毎回プレイで快感を感じる事が出来ます。
記事の続きをよむ

初心者は可能プレイを限界ギリギリに設定して

痛い・汚いがSMだと思ってない?

SMといえば縛られたり、鞭やろうそく、汚物などの痛いことや汚い事を快感と思うマニアックな人たちだと思っていませんか?

自分は何もせずにただ一方的に攻められたい、いやらしい言葉をかけられるのが好き、女性上位でエッチな事がしたい、アナルがちょっとだけ興味ある、女性にからかわれたりするのが嫌いじゃない、
という程度でも十分M男の素質は持っていますし、M性感で楽しむことが出来ます。

M性感系のお店ではアナルに対するプレイが基本プレイにある事が多いです。しかし、だからといって必ずアナルをどうにかしないといけないわけではありません。

指やモノを入れられたくなければ、舐めてもらったり周りをマッサージしてもらうだけでもペニスへの刺激とは違った快感が得られます。

Mというと、なじられてよがっているようなイメージを持っている人もいるかもしれませんが、日頃のエッチな行為にちょっとスパイスを加えるだけというプレイだってたくさんあります。

全く興味が無いわけじゃないけど、ちょっと足が進まない・・・。

そんな初心者さんは次の事に気を付けて第一歩を踏み出してみましょう!
記事の続きをよむ

M男予備軍?こういう人はM性感に行ってみよう!

強靭なメンタルを持っている

M男ってどんなイメージですか?弱い?いじめられっこ??仕事が出来ない?

間違いではないかもしれませんが、もっと根底を見てみましょう。

実はM男はかなり強靭なメンタルを持っています。

女性に罵られて笑えるのです。キツイ言い方をされても許せるのです。怒られても謝れるのです。
普通の人が心が折れてしまう場面で、自分の中で感情を処理し耐える事が出来ます。

相手の上から目線の言葉を受け流し、頭を下げられる男は仕事が出来るでしょう。優しく大らかな人は人望も厚いでしょう。

いわゆる苛められたい人はわかりやすいので置いといて。
そんなM男という自覚はなかったけれど、自分はまわりにいじられたり可愛がられる傾向にあって、わりと寛大な方だと思う。

わりとメンタルは強い方かなと思う、言われる。

そんなあなたは1度M性感の世界へ足を向けてみてはいかがでしょうか。

M性感がハードルが高い人は、まず普通の風俗エステでも良いです。新しい自分の扉を開くきっかけになるかもしれません。
記事の続きをよむ

M男じゃなくても受けたい睾丸マッサージの魅力

睾丸マッサージとは

睾丸マッサージとはその名の通りなのですが、睾丸やその周りをマッサージする事です。基本的にペニスには触りません。

元々はタイで熟練したセラピストが精力増強の為などに行う施術であり、男性が男性に施していたマッサージです。風俗要素ではありません。

「ジャップカサイ」と呼ばれており、男性ホルモンの分泌を促す目的で体の様々な不調を整える効果があります。

それを日本風にして風俗として広めたのが睾丸マッサージです。日本でも非風俗店で睾丸マッサージがメニューにある所もありますが、ごくわずかです。
本気でホルモンを整えるための施術を希望であれば探してみる価値はあると思います。

身近に受けてみたいのであればやはり風俗エステです。全てのお店にあるメニューではありません。M性感や回春系のお店にある事が多いです。

睾丸を優しく揉んだり引っ張ったりするのですが、気持ちよいと感じるかは個人差があるかもしれません。

というのも睾丸自体は性感帯でないと言われています。皮膚が薄いので強さや感じ方も人それぞれなのです。

ホルモンバランスの乱れなどは女性の方がよく聞く話題ですが、男性も乱れれば、精力の減退や勃起力の低下だけでなく、腰痛や腎機能の衰えなども引き起こす可能性があります。

「Mだから」ではなく、全くMの要素を持ち合わせていない人でも、睾丸マッサージを定期的にした方が体に優しいのです。 記事の続きをよむ

M性感風俗の王様「風俗エステ」情報サイト

M男御用達の風俗といえば性感マッサージ・回春マッサージなどの「風俗エステ」。癒しといやらしさがミックスしたまさに男の楽園ここにあり。

まずはどんなお店と女の子に気持ちよくしてもらえるのかチェックしよう!