M男の為のドライオーガズム講座

ドライオーガズムとは

男性のオーガズム(性的絶頂)は、通常射精と同時に起こります。これをウエットオーガズムと呼びます。

それに対し、射精を伴わない絶頂をドライオーガズムと呼びます。熟練者は女性のように何度も絶頂することから「メスイキ」と呼ぶこともあります。
AVのパッケージなどにメスイキと書かれているのはドライオーガズムの事です。

このドライオーガズムは、女性のエクスタシーと同じぐらいの快感を味わえるとされており、その快感は通常の射精の数十倍~100倍とも表現されています。
女性が気持ちよさそうにイク姿や、何度もイク姿を見て羨ましいと思ったこともある人は多いでしょう。

まさに男性が女性のように「声を出して、喘ぎながら」「腰を浮かせて、痙攣しながら」「何度も何度も」イクことができる。そんな夢のようなオーガズムのことをいいます。
そして射精を伴わないので賢者タイムがありません。

ドライオーガズムに至る為の最もポピュラーな方法はアナルの奥にある前立腺を刺激する事です。

ただ、女性が初体験から感じる事は出来なかったり、手マンなどで気持ち良くなれても簡単にはイケないのと同様に、1回や2回の体験でドライオーガズムに達せるとは限りません。

まずは尻の穴にモノが入る事に慣れ、前立腺の正しい位置を見つけだし、長い期間をかけてほぐしていく必要があります。
大変なように感じますが、その先にあるのは射精の100倍の快感です。 記事の続きをよむ

M男にぴったりのオプションは3P!

M性感の3Pとは?

3P。それは3人で行うプレイの事。という事はたいていの方が想像つくかと思います。

M性感・回春・メンズエステの3Pとは、女性2人がお客様である貴男をあらゆる手で攻めまくるプレイスタイルです。

風俗エステの基本的なサービスは、全身をマッサージされ、性器周辺のマッサージをされ、徐々に興奮状態に持って行き、ハンドフィニッシュでスッキリという流れです。プライベートではまず味わえない、風俗ならではの遊び方ですね。

ハーレムのような状態も嬉しい限りですが、ここを見ているのは攻められたいM男ですよね?
言葉攻めが好きな方も、アナルを攻められるのが大好きな方も、拘束されて焦らされるのが好きな方も・・・想像してください。その攻めが2倍になったら・・・?

2本の手と1つの口で攻められるのが普通ですが、それが4本の手と2つの口で同時に攻めて貰えるのです。

SМが好きな方も、大好きな女王様が2人がかりで自分を攻めてくれるなんて夢のようではありませんか?

3Pは対応できる女の子が限られていたり、扱っているお店が限られますが、決して少なくはありません。2人の女性を攻めて征服感を味わいたい方は、デリヘルやソープの3Pプレイをお選びください。

我こそはM男なり!という方、M性感・回春・メンズエステの3Pは1度は味わうべき遊び方だと思います。 記事の続きをよむ

視覚でも楽しみたいM性感

M性感店は衣装も充実していることが多い

M性感店は衣装も充実していることが多いM性感を心ゆくまで楽しみたいなら、お相手である風俗嬢の格好も重要なポイントです。

基本的にデリヘルなどのヘルス店であれば下着姿またはオールヌード、手コキ・オナクラ店では私服またはコスプレなどの着衣姿が一般的でしょう。

人によって “オールヌードが好き”、“見えそうで見えないのが好き”など好みがあると思いますが、M性感を楽しみたいM男さんにはぜひ嬢の衣装にも拘ってほしいところです。

網タイツ、ピンヒール、ボンテージ、かなりHなランジェリー、黒のレースを基調としたセクシードレス・・・生粋のM男さんには聞くだけで下半身がしびれてくるかもしれないですね。

M性感のお店ではこういった衣装がデフォルトであったり、無料オプションとして用意されている可能性がかなり高いです。有料オプションだったとしても一般のヘルス店より種類が豊富であったり、他では取り扱っていないものが用意されていることがあるので、お店選びの時はぜひチェックしてみてください。 記事の続きをよむ

SM風俗で体験できる本格ハードプレイ

ハードSM店のプレイ内容

普段はこれでいいかと妥協して過ごしている男性も多いと思いますが、風俗、特にSM風俗ならハードで性癖丸出しのエッチなプレイが思い切り楽しめます。

同じSM風俗の中でも、店によってプレイのハードさに段階があります。分かりやすく言えばノーマル、ハードの2段階です。SMなのでソフトはありません(笑)。

SM風俗なので全部基本的にマニアックなプレイではありますが、ノーマルは風俗嬢が言葉責めや寸止め、顔面騎乗などを行い、いってもアナル・前立腺を責められる程度。あくまでも快感特化型で、SM初心者にはとても丁度いいレベルだと思います。

一方でハードなSM風俗店では、痛みだったり背徳感だったりそういった肉体や精神にまで響くようなプレイが用意されています。痛みなら縛り、鞭、ローソク、ここまでは何となくイメージが付くかもしれませんが、その更に先をいくのが金蹴り、尿道責めなどです。

ここまで対応できる風俗のSM嬢となるとほとんどプロ、ガチのS女王様レベルになってきますから、風俗だからなんちゃってSMなんじゃないの?という心配はしなくても良さそうです。 記事の続きをよむ

自宅でM性感プレイ、盛り上がる?

自宅にM性感風俗を呼ぶときのイメージ

jitakum風俗には大きく分けて、店で遊ぶものとホテルや自宅に来てもらい遊ぶものの2種類があります。

M性感の場合、店で遊ぶときには店自体がSMチックな内装になっていたり、ホテルでもSM部屋などがあるなど、外で遊ぶ分には環境も整っているのでプレイも盛り上がると思います。

では反対に、自宅に呼んだ場合はどうでしょうか?自宅は自分がいつも日常を過ごしている、いわば平凡な場所。そこで女の子に責められたところで、果たして非日常を感じたり興奮したりできるでしょうか。

自宅でのM性感は、刺激よりも安らぎ、安心感を重視したプレイに向いています。激しい言葉責めやムチでバシバシされるようなハードなものではなく、どちらかというとねっとりいやらしい焦らしプレイに向いています。

環境が整っていないというのは、言い換えればガチ部屋よりもリラックスして体を任せられるということ。元々ねっとりゆっくり派の男性なら自宅だけでも良いですし、非日常で刺激的なプレイもしたい時は店舗やホテルを使うなど気分によって使い分けるのがベストです。 記事の続きをよむ