M男じゃなくても受けたい睾丸マッサージの魅力

睾丸マッサージとは

睾丸マッサージとはその名の通りなのですが、睾丸やその周りをマッサージする事です。基本的にペニスには触りません。

元々はタイで熟練したセラピストが精力増強の為などに行う施術であり、男性が男性に施していたマッサージです。風俗要素ではありません。

「ジャップカサイ」と呼ばれており、男性ホルモンの分泌を促す目的で体の様々な不調を整える効果があります。

それを日本風にして風俗として広めたのが睾丸マッサージです。日本でも非風俗店で睾丸マッサージがメニューにある所もありますが、ごくわずかです。
本気でホルモンを整えるための施術を希望であれば探してみる価値はあると思います。

身近に受けてみたいのであればやはり風俗エステです。全てのお店にあるメニューではありません。M性感や回春系のお店にある事が多いです。

睾丸を優しく揉んだり引っ張ったりするのですが、気持ちよいと感じるかは個人差があるかもしれません。

というのも睾丸自体は性感帯でないと言われています。皮膚が薄いので強さや感じ方も人それぞれなのです。

ホルモンバランスの乱れなどは女性の方がよく聞く話題ですが、男性も乱れれば、精力の減退や勃起力の低下だけでなく、腰痛や腎機能の衰えなども引き起こす可能性があります。

「Mだから」ではなく、全くMの要素を持ち合わせていない人でも、睾丸マッサージを定期的にした方が体に優しいのです。

睾丸マッサージはこんな人におススメ!

睾丸部分や周りには多くのリンパが流れています。そこが滞るだけでも体に色々な不調をきたす恐れがあるので、マッサージはM男でなくても定期的に受けた方が良いのです。

中でも前述しましたが次のような方に睾丸マッサージはお勧めです。
・成功持続時間が短くなった・中折れしやすくなった等の勃起力の衰えが出始めた方
・腰痛持ち
・腎機能の衰えや体の疲れやすさを感じる方

睾丸マッサージでは、リンパの流れが良くなり、血流の流れも良くなるので精力が強化され勃起力が向上すると言われています。
血流が上がれば勃起時のペニスの固さも向上します。

睾丸は男性ホルモンの分泌を促す働きもしているので、精子量が増える事もあります。

腰回りの流れが良くなることで、内臓の働きが活発になったり、腰痛を緩和する作用があります。長年の腰痛の原因は凝り固まった睾丸にあるのかもしれませんよ。

特に意識して運動している人以外は、ほとんどの人が運動不足です。特にデスクワークの人などは睾丸周りを含め下半身への血流が悪いです。

薬に頼る前に、まずマッサージで体のメンテナンスをしてみてはいかがでしょうか。

ED改善を目指している人も、前立腺マッサージと並行して睾丸マッサージもお勧めです。

自分でもした方が良い?睾丸マッサージ

そんなに良い効果があるなら自分でもした方が良いのでしょうか。

正しく行うことが出来れば自分で行っても効果はあります。
しかし、男性ホルモンの分泌も目的の一つなので、女性にしてもらう方が効果は高いかもしれません。

また、血流を促したいので、睾丸だけでなく足先や下半身からマッサージしていき睾丸マッサージへと移行しないと効果は出にくいのです。

自身でしっかり下半身からマッサージしていくことが出来る方であれば問題ありませんが、やはり慣れた人の手で行ってもらう方が確実と言えます。

自分でするにしても、1度はプロの施術を受けて強さや正しいやり方を体感すべきです。

睾丸の温めすぎや強くしすぎは睾丸を傷つける恐れがあります。優しくすることもポイントです。

ご自身でされる場合は湯船につかり全身の血流を良くしてから、下半身の方からマッサージしていき、鼠蹊部マッサージを行ってから睾丸マッサージに入りましょう。

カテゴリー: M男のための風俗遊び方・流れ

M性感風俗の王様「風俗エステ」情報サイト

M男御用達の風俗といえば性感マッサージ・回春マッサージなどの「風俗エステ」。癒しといやらしさがミックスしたまさに男の楽園ここにあり。

まずはどんなお店と女の子に気持ちよくしてもらえるのかチェックしよう!