ハプニングバーってどんな所?

ハプニングバーとは

性的にいろいろな趣味をもった男女が集い、客同士で会話や突発的行為を楽しむ、バーの体裁をとった日本の風俗(Wikipediaより)

当サイトの「SMバーで自分のフェチを解放してみよう」でも軽く触れていますが、ハプニングバーとSMバーは別物です。
ただ、ハプニングバーにはSMプレイを楽しめるような設備があるお店もあるので、検索すると同時に引っかかってくることがあるんですね。

ハプニングバーは名前の通り、バーであり、ドリンクの提供がある飲食店です。そこで出会った男女がハプニングを起こす(かもしれない)というのがコンセプトのお店です。

女性スタッフもいますが、スタッフとのハプニングは起こりません。むしろ起こしてはいけません。あくまでも、お店はドリンクと出会いの場を提供しているだけなのです。

ハプニングバーの全貌って、調べてもふんわりしか出てこず、体験記を書いてる人のサイトを見るくらいしか初心者の情報源はありませんね。
これは、ハプニングバーはかなりのグレーゾーンだからです。

こう書くと怖い感じがしてしまうかもしれませんが、例えばソープ以外の風俗で本番するのは法的に問題有りの行為です。完全アウトなそれはラッキー☆とするのにハプバーはグレーだから怖いというのは不思議で仕方ありません。

お店側も対策はしっかりとっており、利用する側も身分証の提示の義務付けなど、フラッと行ってすぐに入れるわけではないのです。

では、次はシステムを詳しく見ていきましょう。

ハプニングバーのシステム

ハプニングバーを利用するには、まずお店の場所を教えてもらわないといけません。
HPにはっきり場所が書かれている場合もありますが「○○らへんまで来たらお電話を」という場合も多いです。
そして看板が堂々と掲げてあるお店も少ないので、聞かないと分からない事も多いです。

行く前にはHPで予約(○時に~というより今日行きます、的な奴です)を推奨しているお店もあります。
これは予約しないと入れないというわけではなく、例えばそこに女性からの書き込みがあったら客が増える、常連になると男性でも○○さんが行くから行こう、みたいになるからです。

まずは、行ってみない事には始まりませんので、1度はお店に電話することになると思います。

次に、会員にならないといけません。利用側の安全の為にも完全会員制です。
身分証明書の提示は必ずですが、2つ(写真入り免許証と保険証など)いる所もあります。事前に確認して必ず持って行きましょう。

そして入会金を払って、お店でのルールをしっかり聞きます。ルール違反は退店させられます。結構厳しいので、ルールを守って楽しく遊びましょう。

お金の支払いです。初回は入会金+入場料を支払います。入場料は「男性」「カップル」「女性」の場合で金額がかなり違います。

料金自体はお店によって異なりますが、男性単独で行く場合は初回なら2万くらい持っていっていた方が無難です。
カップルの場合は安くなり、2人で1万前後、女性1人の場合は入場料は無料の所が多いです。あとは基本的にフリードリンクです。アルコールもソフトドリンクもあります。

ロッカーに荷物を預けます。携帯の持ち込みは不可です。トラブル防止の為に会員同士の連絡先交換も不可です。

ここまで準備して、やっと入店です。

中ではお互い偽名やハンドルネームで呼び合います。
ここでだけ、何も気にせず自分を解放できるように、かなりしっかりしたシステムです。

初めてでも安心出来ますね。

どこのお店でも共通なのは、無理強いは絶対にダメということ。
女性がNOは絶対NO、という点です。女性はかなり守られています。
ちょっと困った場合でも店員さんに言えば間に入ってとめられます。

あちらこちらに店員が配置されているので、女性の望まないハプニングはまず無いと思って良いでしょう。女性の望まないハプニングを起こした場合は出禁になります。

お店によってシステムやルールが違いますので、初めて利用するお店には直接問い合わせてください。

ハプニングバーの楽しみ方

ハプニングバーに行ったら、理性や常識は一旦忘れて、自分の本能の性を解放しましょう。
ハプバーに来る人は
・ヒトには言い辛い性やフェチの話を存分にしたい
・ハプニングを起こしたい・起こされたい
・ハプニングを見たい・見られたい
・ハプニングまではいかなくとも自分のフェチ(露出・コスプレ・自慰行為など)を見られたい
等の目的であることが多いです。
カップルがマンネリ解消で利用している場合もあります。

ハプバーはハプニングを起こさない人は入れないというわけではありません。同じ嗜好の人との会話や、ヒトのを見たいというだけでもOKです。

ハプバーに行くと、普通の格好をして普通の会話をしている方が浮きます。
中に入ると半裸でお酒を楽しんでいたり、いちゃいちゃしていたり、自慰行為していたりと、非日常空間があります。
そしてそれが当たり前なので、誰も気に留めません。思う存分解放できます。

ハプニングを起こしたい場合は自分から積極的に行ったり、店員さんにコツを聞いたりした方が馴染むのが早いと思います。

きっかけが難しい時は、お店にある衣装でコスプレをしても良いと思います。女装しているおじさんがいたりもします。

誰にも言えない自分の性の解放をここまで出来る場所はなかなかないのではないでしょうか。

初めてのハプニングバーの時は

初めてのハプバーの時は、深夜に行くことをオススメします。盛り上がるのは終電後、というお店も多いからです。

出来る事ならカップルで行く事もおすすめです。恋人でなくても男女であればOK。

お店によっては、カップルだと女性から離れる事を禁止しているお店もあります。
この場合、スワッピングor複数プレイに持ち込むことになります。

お店の人がアシストしてくれるとはいえ、コミュ障の人がいきなり1人で行って女性のOKを取り付けるよりも、スワッピング目的のカップルを捕まえた方が成功率は上がります。女性に声をかけてもらえば、警戒される心配も減ります。

もちろん、カップルで行って人に見せるだけで他の人とのハプニングはしない、という楽しみ方もあります。

ハプニングバーに興味はあるけど怖くて1歩が踏み出せない女性は意外と多いのです。誘ってみると案外OKもらえるかもしれませんよ。

前述したとおり、女性はかなりしっかり守られる仕組みもありますので、自身のハプニングは絶対NGという女性とでも、見学がてら行く事もできます。

女性の中にはお酒が大好きで、ちょっとエッチな会話や性の悩みを人と喋りたい子もいます。そいう女性と会話を楽しむのもありです。

ハプニングバーの楽しみ方はハプニングを起こすだけではありません。そして何度も言いますが、ハプニングを起こさないといけないわけでもありません。

実際に、イベントが無い日や女性の割合が少ない日で、ハプニングが起こらなかったという日もあると思います。

それでも、本当に色々な人がいるので、良い刺激になるでしょう。

タバコの臭いやハプニングによる汚れ等が気になる人はコスプレをしましょう。女性同伴の場合も、上記の理由により、女性にコスプレさせる事をお勧めします。

カテゴリー: 風俗以外のM性感・SMの豆知識

M性感風俗の王様「風俗エステ」情報サイト

M男御用達の風俗といえば性感マッサージ・回春マッサージなどの「風俗エステ」。癒しといやらしさがミックスしたまさに男の楽園ここにあり。

まずはどんなお店と女の子に気持ちよくしてもらえるのかチェックしよう!