少しでも「責められてみたい」と思ったら・・・

男なら一度は思ったことがあるはず。
「寝てるだけで女の子にイカせてもらえないかなぁ」と。

男ばかりが頑張らなくていい!指で責めなくても舐めなくても腰を振らなくてもいい!女性にいやらしく撫で回されて昇天するだけ!そんな夢のような時間は簡単に風俗で作れるんです。

風俗嬢に癒されたい男も、ちょっとMな男も、かなりドMな男も。
全ての男の中にある大小さまざまな「M心」と「性癖」を思う存分さらけ出せるM性感風俗の魅力を見つけていきましょう。

フェチフェスティバルで変態を楽しむ

フェチフェスティバルとは一体?

変態はHENTAIである。日本語としての変態は大いなるフェティズムとして、英語圏でも通じる国際語になってきています。

風俗でちょっと斜め上のプレイをした時、思い切ったオプションを選んだ時など、「あぁ、自分は変態なんだ。」とやんわり自覚することはあるかもしれませんが、ドツボにハマるような変態ワールドを体感することはそこまで多くないはず。

さて今回ご紹介したいフェチフェスティバル、こちらはそんな変態としてのフェチをその目で見て体感できるイベントになります。そのネーミングは各主催イベントによって異なりますが、要するに分野を問わないフェチをボーダーレスに紹介する大人のイベントと言えばわかりやすいでしょうか。

アナルオタクに足フェチ、ちょっと痛ぶられるのが好きなM男から緊縛娘まで、ありとあらゆるフェチ男女が集うアングラワールド。そこで繰り広げられる新しい世界は、あなたの人生観を変える一つのきっかけになるはずです。
記事の続きをよむ

M性感は自分と向き合う格好の場になる

SでもMでも通うメリットのあるM性感

性とは興味深いもので、しばしそれはアリ地獄としても例えられます。もがいてみれば、どんどん引きづり込まれてしまう……。

風俗にも多種の業種がありますが、その中でも特にディープなのがM性感。もはや当たり前に存在し過ぎているコンセプト風俗ですが、ここを利用することで新しい発見をする男性は少なくありません。

自分が受け身なのか、それとも責めるのが好きなのか?グラグラと自分のタイプに揺れている男性はぜひM性感を訪れてみましょう。

Mとして扱われて初めて分かる自分の本当の性癖。バシバシと扱かれ、叩かれ、寸止めをくらう……、そこで閃く自分が感じるポイント。こんなプレイに興味があったんだ!

または自分の中のマゾヒズムを知り、そしてそれと真摯に向き合うことで、真のS男子になることもできますよ。

実際あんなプレイ、こんなプレイを痴女から受けてみたいという新生Mだけでなく、S気質たっぷりの男性も実はMの心得を知る為にM性感に訪れているのです。
記事の続きをよむ

女装サロンで女の子性開花!

女装をすることで風俗が楽しくなる?

女装、女の娘に草食系男子、様々な性認識、自認が溢れる昨今、女性が好きなストレート男性なのに女装に興味がある方が増えているそうです。

女の子が好きなのに、女の子になりたい!そんな心理はなかなか理解が追い付かない部分もありますが、女装を嗜なむことで風俗遊びの幅も広がるとの声は少なくありません。

なぜか?

それは自分の女の子になりたい願望を解放することで、男の自分とはまた違う自分が生まれ、そしてペニスはあるけれど見た目は女の子というイレギュラー性をプレイに活かせるようになるからです。

要するにM性感の痴女や女王様と一緒にメイクや卑猥な女子トークを楽しめ、更に夢のような白百合レズビアンプレイも楽しめるというわけですね。

フェラチオをしてもらい扱かれ抜いてフィニッシュ、こんな一辺倒のプレイでは終わらない、目くるめく女と女の情事。あなたも女装を通して風俗ライフの充実を図ってみませんか?
記事の続きをよむ

女王様とホテル徘徊がゾクゾクする

幸せな犬気分をホテルで味わう

M男性にとって女王様はときめく心、はじける欲求を上手くコントロールしてくれる格好の存在になります。普通のデリヘルにピンサロでは決して満足できないプレイの数々、あなたはどんなプレイがお望みでしょうか?

今回お話しするのは、M男子初心者から上級者にまで幅広く愛されている徘徊プレイです。夜の街を女王様と徘徊するのではなく、あくまでその舞台をホテル内に限局。

シティホテルやビジネスホテルというよりは、その場の利用が男女の営みに限局されるラブホテルが主な戦場となります。

至極シンプルに説明をすると、到底会社に自宅では見せられない恥ずかしい姿、恰好をしてホテル館内を女王様に連れられて歩くというもの。

もちろんその際は首輪に目隠し、口枷など、ハイグレードな装備を施して女王様の犬として味わう一種の露出プレイになります。

派遣型のM性感だからこそ味わえるホテル徘徊、「こんな格好をしている姿を見てほしいんだろう?」との問いに声を震わせながらYESと反応。そして見知らぬ男女カップルの冷たい視線を感じながらも、下半身はフル勃起……。

少し慣れたらリードを外して、気分は幸せなドッグモードでGO!鞭やキャンドルのような物理的な痛みではなく、屈辱が快楽に変換されるプレイになっていくので、どうしても痛いのはちょっと……と言う男性にもオススメです。

記事の続きをよむ

みんなのM男体験談2

皆様から投稿されたM男な体験談をご紹介いたします。

有名な手コキM性感店

[H.N]yura [年代]30代

一緒に働いていた同僚が大阪で有名な手コキM性感店のスタッフをやっていたみたいで、話を聞いているうちに興味が湧いてしまい、はるばる東京から大阪に遠征。

とりあえずお店に行く前にたこ焼きを食べて腹ごしらえ。
お店に到着し受付で3Pコースを勧められ120分で7万近くのお金を支払いました。

目隠しをしながら部屋で待っていると女の子が二人入ってきて、挨拶と同時に乳首を両脇から攻めてきます。そして一人が私の腕と脚をロープで縛りはじめ、その間もう一人は言葉責めをしながら私の全身に柔らかい唇を押し付けてきます。
大股を開いたケツ穴丸出しの状態で拘束され、その上から一人が顔面騎乗。

舐めなさいと命令されレロレロと美味しくいただいていると、もう一人の指が私のケツ穴にめりこんでいきます。
「うあああヤバイです!気持ちいいです!」と声を上げるとあざ笑うかのように「変態ね」と言われます。
前立腺を刺激されチンコがはち切れんばかりになると顔面騎乗していた嬢がチンコの周りを撫でるようにサワサワとしてきます。

焦らしに焦らされた後はそっと包み込むように握られローションでドロドロにしながら手コキ。握り方を何通りもされ、その都度イキそうになるが、その度に寸止めをくらって5~6手目以降はもう頭真っ白。

そんな状態がしばらく続き、そろそろ時間かというところで前立腺と玉係の嬢の手つきが激しくなり、同時に手コキ係も激しく刺激してきます。
ずっと目隠しをしていたのでよくわかりませんが、最後目隠しをとったときには嬢に私の精子がたっぷりとかかっちゃってました。噂通りのスゴイお店でした。

記事の続きをよむ

M性感風俗の王様「風俗エステ」情報サイト

M男御用達の風俗といえば性感マッサージ・回春マッサージなどの「風俗エステ」。癒しといやらしさがミックスしたまさに男の楽園ここにあり。

まずはどんなお店と女の子に気持ちよくしてもらえるのかチェックしよう!