少しでも「責められてみたい」と思ったら・・・

男なら一度は思ったことがあるはず。
「寝てるだけで女の子にイカせてもらえないかなぁ」と。

男ばかりが頑張らなくていい!指で責めなくても舐めなくても腰を振らなくてもいい!女性にいやらしく撫で回されて昇天するだけ!そんな夢のような時間は簡単に風俗で作れるんです。

風俗嬢に癒されたい男も、ちょっとMな男も、かなりドMな男も。
全ての男の中にある大小さまざまな「M心」と「性癖」を思う存分さらけ出せるM性感風俗の魅力を見つけていきましょう。

アナルプレイは風俗店でするのがおすすめの理由

アナルプレイの目的は2つある

アナルプレイがアブノーマルな世界という認識だったのは今は昔の話。
そしてこれだけM性感や回春、SM系のお店が乱立しているということに愛好家の多さがわかります。

アナルプレイの目的は基本的には2つ。快楽と拡張です。

快楽はわかりやすい所で言うとドライオーガズムなどの前立腺への刺激などです。
拡張は最終目的がアナルセックスである場合が殆どです。

アナルは指が1本入ったから即AFといういわけにはいきません。
きちんと拡張せずに痛いだけのAFをすると肛門括約筋が損傷する可能性もあるのです。
アナルを開発して快感を得ようとするなら、多少なりとも拡張の必要があります。

とはいえ、アナルは本来は排泄器官です。
女性の膣のように激しく出し入れすることを目的としていません。むしろ、お勧めできません。

アナル用の大人のおもちゃを利用する時も、もちろん挿入はするのですが、激しく動かすというよりは前立腺をピンポイントで刺激したり、アナルから出てくる瞬間の刺激を楽しんだりするのです。

素人が少ない知識で興味本位にアナルを弄ると良くないので、慣れた風俗嬢にお願いするのが安全にアナルプレイが出来るのです。

まだアブノーマルな気がしますか?
動物の中で年中発情期で子づくり以外で快楽を求めるのは人間くらいのものです。
男性の大好きなフェラチオはペニスを口に入れるのですよ?本来アブノーマル行為ではないでしょうか?

アブノーマルでも快楽を求めるのは、人間に与えられた特権かもしれませんね。
記事の続きをよむ

初心者は可能プレイを限界ギリギリに設定して

痛い・汚いがSMだと思ってない?

SMといえば縛られたり、鞭やろうそく、汚物などの痛いことや汚い事を快感と思うマニアックな人たちだと思っていませんか?

自分は何もせずにただ一方的に攻められたい、いやらしい言葉をかけられるのが好き、女性上位でエッチな事がしたい、アナルがちょっとだけ興味ある、女性にからかわれたりするのが嫌いじゃない、
という程度でも十分M男の素質は持っていますし、M性感で楽しむことが出来ます。

M性感系のお店ではアナルに対するプレイが基本プレイにある事が多いです。しかし、だからといって必ずアナルをどうにかしないといけないわけではありません。

指やモノを入れられたくなければ、舐めてもらったり周りをマッサージしてもらうだけでもペニスへの刺激とは違った快感が得られます。

Mというと、なじられてよがっているようなイメージを持っている人もいるかもしれませんが、日頃のエッチな行為にちょっとスパイスを加えるだけというプレイだってたくさんあります。

全く興味が無いわけじゃないけど、ちょっと足が進まない・・・。

そんな初心者さんは次の事に気を付けて第一歩を踏み出してみましょう!
記事の続きをよむ

M男予備軍?こういう人はM性感に行ってみよう!

強靭なメンタルを持っている

M男ってどんなイメージですか?弱い?いじめられっこ??仕事が出来ない?

間違いではないかもしれませんが、もっと根底を見てみましょう。

実はM男はかなり強靭なメンタルを持っています。

女性に罵られて笑えるのです。キツイ言い方をされても許せるのです。怒られても謝れるのです。
普通の人が心が折れてしまう場面で、自分の中で感情を処理し耐える事が出来ます。

相手の上から目線の言葉を受け流し、頭を下げられる男は仕事が出来るでしょう。優しく大らかな人は人望も厚いでしょう。

いわゆる苛められたい人はわかりやすいので置いといて。
そんなM男という自覚はなかったけれど、自分はまわりにいじられたり可愛がられる傾向にあって、わりと寛大な方だと思う。

わりとメンタルは強い方かなと思う、言われる。

そんなあなたは1度M性感の世界へ足を向けてみてはいかがでしょうか。

M性感がハードルが高い人は、まず普通の風俗エステでも良いです。新しい自分の扉を開くきっかけになるかもしれません。
記事の続きをよむ

M男じゃなくても受けたい睾丸マッサージの魅力

睾丸マッサージとは

睾丸マッサージとはその名の通りなのですが、睾丸やその周りをマッサージする事です。基本的にペニスには触りません。

元々はタイで熟練したセラピストが精力増強の為などに行う施術であり、男性が男性に施していたマッサージです。風俗要素ではありません。

「ジャップカサイ」と呼ばれており、男性ホルモンの分泌を促す目的で体の様々な不調を整える効果があります。

それを日本風にして風俗として広めたのが睾丸マッサージです。日本でも非風俗店で睾丸マッサージがメニューにある所もありますが、ごくわずかです。
本気でホルモンを整えるための施術を希望であれば探してみる価値はあると思います。

身近に受けてみたいのであればやはり風俗エステです。全てのお店にあるメニューではありません。M性感や回春系のお店にある事が多いです。

睾丸を優しく揉んだり引っ張ったりするのですが、気持ちよいと感じるかは個人差があるかもしれません。

というのも睾丸自体は性感帯でないと言われています。皮膚が薄いので強さや感じ方も人それぞれなのです。

ホルモンバランスの乱れなどは女性の方がよく聞く話題ですが、男性も乱れれば、精力の減退や勃起力の低下だけでなく、腰痛や腎機能の衰えなども引き起こす可能性があります。

「Mだから」ではなく、全くMの要素を持ち合わせていない人でも、睾丸マッサージを定期的にした方が体に優しいのです。 記事の続きをよむ

初心者は人妻熟女系でお試しも

M男ってほどではないんだけど・・・

当サイトは「攻められたいM男」様に向けて作られたものではありますが、中にはそんなSMとかはちょっと・・・。少々攻められてみたい気持ちはあるけど、特にこんなプレイが~というのはなくて・・・。

という初心者さんやガチのM男ではないけど少しだけ興味がある、という人もいるでしょう。

M男と聞くと言葉や行動で攻められて快感を・・・という印象が強いかもしれませんが、「ただ寝転がっているだけで気持ちいいことしてもらう」そんな攻められ方をしたいだけの人にも、性感風俗・性感エステは人気なんです。

M男じゃないもんな~なんて言って足を運ばないのは勿体ない!

勝手に気持ちよくして~なんて軽い気持ちで行っても大満足できますよ。 記事の続きをよむ

M性感風俗の王様「風俗エステ」情報サイト

M男御用達の風俗といえば性感マッサージ・回春マッサージなどの「風俗エステ」。癒しといやらしさがミックスしたまさに男の楽園ここにあり。

まずはどんなお店と女の子に気持ちよくしてもらえるのかチェックしよう!